おあとがよろしいようで

落語や寄席に興味をもった人(初心者)向けです。落語を1000回以上聴きいた私がオススメの演目・動画・アニメ・番組をご紹介します!

【落語動画】千原ジュニアの「死神」に芸人としての器用さを見た

千原ジュニアが「死神」を演じた理由

せいじが、「ちょっと落語やってみーや!」という急な無茶振りに対して、ジュニアが「覚えているかなー?」と言いながら開始。アドリブでできるもんなの!?と思いきや、もともと3日前に開催された「大銀座落語祭2008」で披露していたみたいですね。

 

動画を見たユーザーの声

・途中嫁とは別れずさげで使うのは上手いと思いましたね 話し方が上手くなったらもっと面白くなると思います いっぱい稽古してほしいですね

・娯楽の一つなんだから気楽に頭空っぽにして聞いた方が純粋に楽しめるよ。

・「こんなの落語じゃない!ただの芸人のトークだ」と、落語好きな人たちは言うんでしょうが… TVのトークに慣れてる芸人だからこそ若い人にも分かりやすいように話すことができる。

・ 落語の格式にばかりこだわってると、敷居が高すぎて落語そのものが衰退してしまうんじゃないかな。

・急にやることになって、話もだいぶはしょってるだろうし。 そういうの抜きにラストは鬼気迫ってたしサゲには笑いました。

 

580のLikeに対して、134のDisLikeと80%以上の高評価を獲得しています。突然、振られた割には上手にできてるし、なによりもわかりやすい。上のコメントにもあるとおり、まずは落語を好きになってもらうことが大事なので、有名な芸人さんがやることに意義はありますよね。

 

「死神」のあらすじ・オチ

何かにつけて金に縁が無く、子供に名前をつける費用すら事欠いている主人公がふと「俺についてるのは貧乏神じゃなくて死神だ」と言うと、何と本物の死神が現れてしまう。仰天する男に死神は「お前に死神の姿が見えるようになる呪いをかけてやる。もし、死神が病人の枕元に座っていたらそいつは駄目。反対に足元に座っていたら助かるから、呪文を唱えて追い払え」と言い、医者になるようアドバイスを与えて消えた。

ある良家の跡取り娘の病を呪文で治したことで、医者として有名になり、男は富豪となったが「悪銭身に付かず」ですぐ貧乏に逆戻り。おまけに病人を見れば今度は死神がいつも枕元に…。あっという間に以前と変わらぬ状況になってしまう。困っているとさる大店からご隠居の治療を頼まれた。行ってみると死神は枕元にいるが、三千両の現金に目がくらんだ男は死神が居眠りしている間に布団を半回転させ、死神が足元に来たところで呪文を唱えてたたき出してしまう。

大金をもらい、大喜びで家路を急ぐ男は途中で死神に捕まり大量のロウソクが揺らめく洞窟へと案内された。訊くとみんな人間の寿命だという。「じゃあ俺は?」と訊く男に、死神は今にも消えそうなロウソクを指差した。いわく「お前は金に目がくらみ、自分の寿命をご隠居に売り渡したんだ」。ロウソクが消えればその人は死ぬ、パニックになった男は死神から渡されたロウソクを寿命に継ぎ足そうとするが……。

「アァ、消える……」

 

よくオチが分からないという話を聞くのですが、

「自分の命=炎」を「思わず吹き消す=自分が死ぬ」

それを「消えた」というふうに客観的に眺めているというところに面白さを感じます。
このあたりは演者の能力に左右される部分なのかな、と思います。


そのあたり、三遊亭圓生師匠は上手かもしれません。

「死神」では「消えるよ、消えるよ」と死神が薄笑いをうかべながらつぶやきながら無言でロウソクの火を写します。最後に火が消えた瞬間、動作が一瞬固まり、ばたっとうつ伏せに。

その後、客席から静かに拍手がわきおこって、やがて圓生師匠がにこりともせずに上体を起こして深々と一礼、という具合です。同じ噺でも演者によって「ここまで違うのか!」と思わせられます。

 

千原ジュニアの「死神」は斬新ですが、噺家の「死神」は王道の面白さがあります。でも、名人である圓生さんの噺もオススメですよ。

 

 

【プロフィール】林家たい平

f:id:rakugoman:20160517162312j:plain

本名・田鹿明。1964年12月6日生まれ。88年林家こん平に入門し、たい平に。92年二ツ目。2000年真打ち昇進。出囃子は「ぎっちょ」

師匠こん平の病気療養中「笑点」のレギュラー出演の代打を務めているたい平は急速に名前が売れてきた。月~金曜日の帯番組「テリー伊藤ののってけラジオ」にも出演。もともと高かった芸人としての反射神経を生放送でますます磨きあげている。
高座には跳びはねるように元気いっぱいに登場し、林家の芸風をくんだサービス精神満点の落語を披露。マクラでは時事ネタを独自の視点で切り取る。間違っても愛嬌、噛んでも、愛嬌でカバーしている。
武蔵野美術大学卒なので、絵の腕前もある。自分の成長や変化を定点観測してもらうため、毎年年末に「たい平の『芝浜』を聞く会」を開催している。


林家たい平のオススメ動画(音声)を紹介します!

林家たい平「転失気」

 

 

林家たい平粗忽長屋



画像出典:アマゾン : 林家たい平 : 林家たい平 落語集「粗忽長屋」「干物箱」 

【プロフィール】立川志の輔

f:id:rakugoman:20160517160231j:plain

本名・竹内照雄。1954年2月15日生まれ。83年五代目立川談志に入門し、志の輔。84年二ツ目。90年真打。出囃子は「梅は咲いたか」

"落語はバイブル"という信念のもと、聞き手が接していて安心できる落語の布教を全国で行っている。そんな"志の輔らくご"の特徴は、今を生きる聞き手の身の丈に合ったものとして、落語を組み立てなおして聞かせてくれること。日常生活で起こる会社や学校での人間関係、男女の考え方の相違、コミュニケーションの不在などは、落語が解決できると考えている。そのため、古典も新作も関係なく、気力を沸かせるような落語の特徴を持たせている。名演出家であり、名プレイヤーであるしのスケは、常に新しい落語を聞く場所を用意してくれる。




画像出典:アマゾン : 立川志の輔 : 志の輔らくごのごらく(1)「はんどたおる」「死神」 



【プロフィール】春風亭昇太

f:id:rakugoman:20160517152722j:plain

本名・田ノ下雄二。1959年12月9日生まれ。82年春風亭柳昇に入門し、昇八。86年春風亭昇太二ツ目。92年真打ち。出囃子は「デイビー・クロケット

落語に限らず様々なメディアで活躍中の落語家。「オールナイトニッポン」のパーソナリティ、芝居への出演、「笑点」の大喜利コーナーなど多岐にわたる。そんな状況の中、落語も変わりつつあります。

共同作業で作品を作り上げていく芝居と違い、単独でその世界を気づかなくてはならない落語を前に「芝居は農民、落語は漁民」という名言を残し、その内容も、これまでの新作オンリーから、昇太のキャラクターにあった元気いっぱいの主人公が変え釣り回る古典を生み出している。

 

春風亭昇太のオススメ動画(音声)を紹介します!

 

画像出典:アマゾン : 春風亭昇太 : 春風亭昇太2 26周年記念落語会-オレまつり 

 

【プロフィール】三遊亭圓歌

 f:id:rakugoman:20160517144948j:plain

本名は中沢円法。1929年1月10日生まれ。45年二代目三遊亭圓歌に入門した。48年歌奴で二つ目。58年真打ち。70年三代目三遊亭圓歌襲名。出囃子は「二つ巴」

若くして「山のアナ」で知られる「授業中」の中に登場する主人公と出発した圓歌は、主人公を大切に育て上げ、「浪速社長」で社会人にした。それから数十年経ち、六人を数える老父母の面倒をみるハメになったことを「中沢家の人々」という作品で紹介。人生のペーソスを感じさせつつも、圓歌自身の人生の達成感という形で昇華させてみせた。落語協会の回J朝食に長くあり、若手の声を拾い、特色ある行事を次々に催行しているのは、落語の流れを止めてはいけないという考えがあってのこと。

 

三遊亭圓歌のオススメ動画(音声)を紹介します!

 三遊亭圓歌「授業中(1/2)」



 三遊亭圓歌「授業中(2/2)」



画像出典:アマゾン : 三遊亭圓歌 : 中沢家の人々・完全版 

【寄席】落語初心者なら浅草演芸ホール(浅草)に行ってみよう!

浅草演芸ホール(浅草)

f:id:rakugoman:20160507135149j:plain

出典:浅草演芸ホール - Wikipedia


昭和39年(1964)、全身の芝居小屋・東洋劇場から、落語定席の寄席として誕生。上階の東洋館は元ストリップ劇場のフランス座で、今は漫才など色物唯一の定席。

団体の観光客なども多く、大勢の出演者が入れ替わり立ち替わり登場する。落語芸術協会落語協会の10日間ごとの交互公演だが、落語芸術協会は5日間で番組が替わる。

スカイツリーが近いので、観光してから浅草に来るのもアリですよ。

 

ジロリくん、かわいい。。決定的な瞬間ですね。

 

 

 

 女子高生も楽しめます!

 

浅草演芸ホール(浅草)

電話:03-3841-6545

住所:〒111-0032東京都台東区浅草1-43-12 (六区ブロードウエイ 商店街中央)

時間:ご入場になれる時間(原則、昼夜入替なし)
   昼の部 11:40~16:30
   夜の部 16:40~21:00 

料金:一般    ¥2,500 円

   学生    ¥2,000 円

HP:浅草演芸ホール

【寄席】落語初心者なら末廣亭(新宿)に行ってみよう!

 

末廣亭(新宿)

f:id:rakugoman:20160507145136j:plain

出典:新宿末廣亭 - Wikipedia


創業明治30年(1897)。昭和7年(1932)から寄せの営業を開始。空襲で建物消失の後、戦後すぐの昭和21年(1946)に立ったという風情のある建物のまま現在にいたる。

 

建物が特徴的。落語を雰囲気から楽しむことができ、女性にも人気なのが特徴。落語協会落語芸術協会が10日間ずつの交互公演を行う。

末廣亭は深夜もやっているので、新宿三丁目周辺で飲んだあと、フラッと訪れるのもありです。

そう、たしかに正直キレイとは言いづらいのですが、その古さに味があるし、細かいところを見ればみるほど発見があるんですよねー。そういう意味では何度きても楽しいところです。

 

はじめての日が 寄席の日!?運がいいですねー。半額で楽しめる日もあるのでラッキーですし、なにより女性が多いので入りやすいですよ。


末廣亭(新宿)

電話:03-3351-2974

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目6

時間:昼夜入替なし(11:40~19:45)
   昼の部 12:00~16:30
   夜の部 17:00~21:00

   ※予約はありません。自由席となります。

料金:一般    ¥2,800 円

   シニア   ¥2,700 円

   学生    ¥2,500 円

   友の会会員 ¥2,500 円

   小学生   ¥2,200 円

HP:新宿末廣亭

 

こちらの記事もオススメです>

rakugo.hateblo.jp