おあとがよろしいようで

落語や寄席に興味をもった人(初心者)向けです。落語を1000回以上聴きいた私がオススメの演目・動画・アニメ・番組をご紹介します!

【まとめ】気軽に楽しめる東京の寄席6選

ドラマ、漫画、インターネットを通じて落語に興味を持ったアナタ。生で聞いてみたい!・・・と思ったときに行きやすい、東京都内の寄席をわかりやすく紹介します。気軽に足を運んでみてはどうでしょうか?

 

鈴本演芸場(上野)

f:id:rakugoman:20160507141034j:plain

出典:鈴本演芸場 - Wikipedia


安政4年(1857)上野広小路の「軍談席本牧亭」という講釈場に始まり、明治になって「鈴本」のち「鈴本亭」さらに「鈴本演芸場」に変わり、昭和46年に現在のビルとなる。出演は落語協会のみで色物に限り、落語協会以外のゲストが入ることがある。席亭の眼鏡にかなった選りすぐりの出演者による番組構成は充実している。

電話:03-3834-5906

住所:〒110-0005 東京都台東区上野 2-7-12

時間:全席自由席・昼夜完全入替制
   昼の部 12:00 開場[12:30 ~ 16:30]
   夜の部 17:00 開場[17:30 ~ 20:40]
   ※特別興行については上記の限りではない。

料金:一般 ¥2,800 円  
   学生 ¥2,500 円(中学生~ 24 歳)
   小人 ¥1,500 円(小学生のみ 未就学不可)

HP:http://www.rakugo.or.jp/annai.html



末広亭(新宿)

f:id:rakugoman:20160507145136j:plain

出典:新宿末廣亭 - Wikipedia


創業明治30年(1897)。昭和7年(1932)から寄せの営業を開始。空襲で建物消失の後、戦後すぐの昭和21年(1946)に立ったという風情のある建物のまま現在にいたる。建物が特徴的。落語を雰囲気から楽しむことができ、女性にも人気なのが特徴。落語協会落語芸術協会が10日間ずつの交互公演を行う。

電話:03-3351-2974

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目6

時間:昼夜入替なし(11:40~19:45)
   昼の部 12:00~16:30
   夜の部 17:00~21:00

   ※予約はありません。自由席となります。

料金:一般    ¥2,800 円

   シニア   ¥2,700 円

   学生    ¥2,500 円

   友の会会員 ¥2,500 円

   小学生   ¥2,200 円

HP:新宿末廣亭



浅草演芸ホール(浅草)

f:id:rakugoman:20160507135149j:plain

出典:浅草演芸ホール - Wikipedia


昭和39年(1964)、全身の芝居小屋・東洋劇場から、落語定席の寄席として誕生。上階の東洋館は元ストリップ劇場のフランス座で、今は漫才など色物唯一の定席。団体の観光客なども多く、大勢の出演者が入れ替わり立ち替わり登場する。落語芸術協会落語協会の10日間ごとの交互公演だが、落語芸術協会は5日間で番組が替わる。

 

電話:03-3841-6545

住所:〒111-0032東京都台東区浅草1-43-12 (六区ブロードウエイ 商店街中央)

時間:ご入場になれる時間(原則、昼夜入替なし)
   昼の部 11:40~16:30
   夜の部 16:40~21:00 

料金:一般    ¥2,500 円

   学生    ¥2,000 円

HP:浅草演芸ホール



池袋演芸場(池袋)

f:id:rakugoman:20160507140618j:plain

 出典:池袋演芸場 - Wikipedia

昭和26年(1951)開場。当初は建物の三階にあった。平成2年、改築のため休館。平成5年、ビルの地下二階にて営業再開。座席数が100席に満たない寄席。演者の息づかいまで間近に感じられる。落語芸術協会落語協会の交互公演だが、下席は落語協会で、夜の部は落語協会特選会として毎日異なる演目を楽しめる。

 

電話:03-3351-2974

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目6

時間:昼夜入替なし

 ・上席( 1日~10日)
   昼の部 12:00 開場 / 12:30 開演
   夜の部 17:00 開演

 ・中席(11日~20日)
   昼の部 12:00 開場 / 12:30 開演
   夜の部 17:00 開演

 ・下席(21日~30日)
   昼の部 13:30 開場 / 14:00 開演
   夜の部 17:30 開場 / 18:00 開演

料金:
 ・1日~20日 (別興行は料金変更あり)
   一般    ¥2,500 円

   学生    ¥2,000 円

   小人    ¥1,500 円
 ・21日~30日(昼の部)

   一般    ¥2,000 円

   学生    ¥2,000 円

   小人    ¥1,500 円

 ・21日~30日(夜の分)

   日毎に料金が変わります。

 

うれしい割引特典があります。

 ・1日~20日 

  <特別割引>
   ・浴衣&着物割引:昼夜とも2,000円
   ・学生服割引:1,500円
   ・シルバー割引:65歳以上は昼夜とも2,000円
   ・親子割引:小人料金が1,000円
 ・21~30日 

   ・親子割引:小人料金が1,000円 

HP:池袋演芸場



国立演芸場(永田町)

f:id:rakugoman:20160507142624j:plain

出典:国立演芸場 - Wikipedia


様々な芸人の尽力により、昭和54年(1979)開場。一階には入場無料の演芸資料室がある。寄席形式の公演は毎月1日から20日までの昼席で、夜席と下旬は貸席になっている。また、自主公演や企画公演にも意欲的。また入場料も比較的安めである。

 

電話:03-3265-7411(代表)

住所:〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1

時間:ご入場になれる時間(原則、昼夜入替なし)
   昼の部 13:00~16:00
   夜の部 18:00~21:00 

料金:一般    ¥2,000 円

   学生    ¥1,400 円

   シニア   ¥1,100 円

   小学生   ¥1,000 円

HP:国立演芸場 

 

いかがだったでしょうか。どの劇場も映画を見るぐらいの感覚で楽しむことができます。また当日券が多いのも魅力的なので、休日に予定がないときは、フラっと足を伸ばしてみてはどうでしょうか。

 
※当記事は2016年5月7日時点のものになります。情報の正確性を担保するものではありませんので、必ず各寄席のHPをご確認ください。